現場で活躍するフォークリフトの種類

フォークリフトの種類

形状だけでなく動力にも種類があります。

仕事で使われる方以外にとって、フォークリフトは乗用車のように運転する 機会もないですし、あまり一般的ではない車と感じる方も多いと思います。 そういった方から見ればどのフォークリフトも同じ種類に見えるかもしれませんが、 実際には車両の大きさや寸法、エンジンや燃料の違いなど様々な種類があります。 フォークリフトの形状は大きく分けてカウンター型とリーチ型の2種類があります。 カウンター型は自動車のように座って操作するタイプで、 建設現場で使用されるフォークリフトもカウンター型が一般的です。 リーチフォークリフトは運転手が立って乗るタイプで、限られた場所で使われる ことが多いフォークリフトです。 カウンター型、リーチ型の他にもサイド型、オーダピッキングトラックといった 種類のフォークリフトもあります。 サイド型フォークリフトは長尺物を搬送することが可能なので、 今後その利用が増えるといわれています。 フォークリフトの動力源にも、ディーゼルエンジンのように内燃機関のもの、 バッテリーを使用する電動機のものがあります。 パワーを必要とする大型のフォークリフトにはディーゼルエンジンのものが 多いですが、近年では健康面での問題や排気ガスによる環境問題もあり、 電気を使用するバッテリー式のフォークリフトが増加しています。 また特殊な種類として、冷蔵・冷凍用といった極寒冷用のタイプもあります。 冷凍倉庫での使用を想定されており、氷点下50℃の低温環境にも対応している フォークリフトもあります。 このようにフォークリフトと一口にいってもいろんな種類があるのです。

「住まいを通じて、幸せをお届けする」
大園英彦(大英産業 代表取締役会長)
北九州市八幡西区下上津役4丁目1番36号
http://sun-court.net/company/